TOP > 事業の種類一覧 > 障害者福祉施設

障害者福祉施設

障害福祉サービス事業(生活介護)について
 大橋えのき園運営概要
 施設の運営方針 - サービスの内容 - ご利用方法 - 利用料 - 重要事項説明書 - 契約書

障害福祉サービス事業(就労継続支援B型)について
 かみよん工房運営概要
 施設の運営方針 - サービスの内容 - ご利用方法 - 利用料 - 重要事項説明書 - 契約書


障害福祉サービス事業(生活介護)について

18歳以上の知的障害者の方に、日常生活の自立のための必要な日常生活作業支援や作業活動支援を行うために設置された、通所更生の社会福祉施設です。

事業団では大橋えのき園を運営しています。

このページの先頭に戻る

大橋えのき園運営概要

施設の運営方針

人格の尊重を基本とした事業理念のもと、障害者施設を取り巻く福祉施策の動向を踏まえ、ご利用者の社会的自立に向けた援助サービスを引き続き実施していくと同時に、平成16年度より設置されたサービス向上検討委員会の活用により、ご利用者とそのご家族との連携を図りながら更なるサービスの向上に努めます。また、地域に開かれた施設として施設体験希望者及び各関連機関からの研修生等の受入れを実施します。

このページの先頭に戻る

サービスの内容

(1)サービス提供計画

ご利用者面談をとおして、本人状況及び要望等を把握し、ご利用者の意向を踏まえたうえで施設支援計画を作成します。

@ 施設支援計画

1) 施設支援計画については、支援目標、支援内容及び支援を提供するうえでの留意事項等を盛り込み、本契約締結から90日以内に作成します。
2) 施設支援計画の見直しについては、12ヶ月に1回定期的に行うほか、必要に応じて見直しを行います。
3) 施設支援計画の作成及び変更に際しては、その内容をご利用者又は代理人に説明し、同意を得ます。

(2)サービス内容

ご利用者に対して、施設支援計画に沿った支援内容及びその他、知的障害者福祉法令に定める必要な支援を提供します。

@ 作業活動支援
ご利用者個々の特性に応じた能力発揮の場、かつ、生活習慣作りの時間とします。
  1) 陶芸(お皿、箸置き作り)
2) 紙漉き(リサイクルはがき作り、牛乳パック回収)
3) お菓子(マドレーヌ、チーズケーキ、ゼリー作り)
A 課題別活動支援
ご利用者の特性に応じた課題別3グループを形成し、曜日別に下記の活動を行います。 共通のねらい(地域社会との交流)の他に、それぞれの活動にねらいを設定します。
  1)散歩(運動量の保障)
2)バスハイク(心身のリフレッシュ)
3)体験(社会経験の拡大)
4)レクリエーション(趣味、興味の保障)
5)ゆとり(心身のリラックス)
6)プール(心身のリフレッシュ)
B 日常生活動作支援
日常生活習慣の確立や生活動作の維持向上に向けて、必要な支援を行います。
  1)食事
2)排泄
3)更衣
4)移動
5)その他
C 給食サービス
栄養基準量を基本として栄養士がメニューを作成し、毎日の給食提供を行います。
昼食時間は、おおむね午前11時45分から午後1時20分です。
また、通常メニューの他に、下記の特別メニューを提供します。
  1)誕生会メニュー(月1回、誕生者選択制)
2)行事メニュー(年9回)
3)特別給食(年2回、懐石料理・バイキング等)
D 各種行事予定
月1回を目安に各行事を実施することで、ご利用者の社会参加と社会経験の拡大へとつなげます。
E 保健医療サービス
通所施設として、ご利用者に対するできる限りの健康維持と衛生管理に努めます。
F 生活相談等
ご利用者の心身の状況、その置かれている環境等の的確な把握に努め、ご利用者又はご家族等に対し、施設支援に関する相談を始め、日常生活に関する相談に応じ、必要な場合は支援も行います。 また、緊急性及び必要性がある場合のみ、相談に応じて下記の支援を行います。
  1) 午後5時15分までの延長利用ができます。
2) 生活支援員の付き添いによる自宅までの送迎を行います。
3) ショートステイ等の他機関のサービスを利用する場合、施設までの送迎を行います。
4) 医療機関への付き添いを行います。
5) シャワー浴による衛生面への支援を行います。
6) 園内で着用する衣類等の洗濯を行います。
7) その他、支援が必要であると施設長が判断した場合。
G 送迎サービス
2台の送迎車輌において、ご利用者の自宅周辺地域より施設までの往復送迎を行います。

このページの先頭に戻る

ご利用方法

目黒区役所 障害福祉課知的障害者相談係(電話:03(5722)9851)まで、お問合せください。

このページの先頭に戻る

利用料

「障害者自立支援法附則第五十一条第二項」に基づき、利用料金の徴収を行います。
また、行事やクラブ活動等、一部実費徴収を行います。

このページの先頭に戻る

重要事項説明書

重要事項説明書とは、サービスの契約上ご注意いただきたいことを契約前にご説明するものです。次のような事項についてご説明しています。

 1. 事業の概要
 2. 受託者の概要
 3. 施設の概要
 4. 施設の職員構成
 5. 職員の勤務体制
 6. 施設の設備等の概要
 7. 施設サービスの内容
 8. 利用料金
 9. 利用に関しての留意事項
10. 施設保険
11. 緊急時の対応方法
12. 非常災害時の対応
13. 相談・苦情

重要事項説明書 例(PDF)

このページの先頭に戻る

契約書

重要事項の説明後、利用契約にあたり次の内容について契約書を取り交わします。

 1. 契約の目的
 2. 契約期間
 3. 個別支援計画
 4. サービスの内容
 5. サービス提供の記録
 6. 料金
 7. サービスの中断
 8. 相談・苦情対応
 9. 契約の終了
10. 個人情報保護
11. 賠償責任
12. 緊急時の対処
13. 虐待防止のための措置
14. 管理の委託
15. 本契約に定めのない事項
16. 裁判管轄

契約書 例(PDF)

>>大橋えのき園ホームページ

このページの先頭に戻る

障害福祉サービス事業(就労継続支援B型)について

18歳以上の知的障害者で、民間企業等への就業は難しいが働く意欲のある方を対象に、自活に必要な支援を行うと共に働く場を提供し、社会的自立を支援するために設置された社会福祉施設です。
事業団ではかみよん工房を運営しています。

このページの先頭に戻る

かみよん工房運営概要

施設の運営方針

人格の尊重を基本とし、授産活動・生活支援や就労支援を通してご利用者支援にあたり、ご利用者一人ひとりの状況に応じて社会参加や就労の促進に向けた自立生活への援助を行います。
また、ご利用者ご家族等とも緊密に連携をとり、必要に応じて個人面談や家庭訪問を実施します。
さらに、地域に対しても、開かれた社会資源として、工房祭等の行事実施や地域行事への参加、養護学校および大学・専門学校等からの実習生・研修生・体験学習生やボランティアの受け入れを行っていきます。

このページの先頭に戻る

サービスの内容

(1)サービス提供計画

ご利用者本人・ご家族の要望・意向等を把握・尊重した個別支援計画を、ご利用者お一人お一人へのサービス提供の基本とし、取り組む支援の内容や方法を明確にして充実したサービス提供に努めます。

(2)授産活動

必要な技能・技術を身につけ意欲を高めるとともに仕事を提供し、工賃を支給していきます。

  @ 食品部  食品加工(製パン・製菓)と販売
  A 企業部  近隣企業からの受注作業
  B 開発部  目黒区からの公園清掃作業の受託

ご利用者の実情に即した作業の形態について、取り組みを進めます。
企業受注・区公園清掃作業を通じた地域貢献も意図し、食品加工・販売では、区役所等での販売や工房直売、お祭り参加により、地域定着及び製品販売増に努めます。
今年度より新たに、作業部を超えた連携の仕方も模索していきます。

*授産活動について、詳しくはこちらへ >> かみよん工房作業紹介

(3)生活支援(生活・就労活動、クラブ活動、行事)

生活・就労活動では、ご利用者それぞれの能力や障害の特性に配慮しつつ、日常の生活習慣の確立に向け、活動目標を明確にした適切なプログラムを策定し、毎週水曜日に実施します。実施にあたっては、ご利用者自身による進行・企画・実施など、主体性を大切にします。 また、クラブ活動や各種の行事(工房祭・宿泊体験など)を通して、うるおいと生きがいのある生活を援助するとともに、地域との交流を深め、ご利用者の社会参加の促進に努めます。

(4)就労支援

ご利用者それぞれの障害状況や基礎体力に配慮しつつ、適切な作業種の把握と作業能力の向上や就労に向けて、活動目標を明確にした適切なプログラムを策定し実施します。 また、障害者自立支援法に即して重点化された障害者就労支援の状況を生かし、目黒区障害者就労支援センターやハローワーク等と連携して、企業実習や就労活動を推進します。

(5)給食サービス

給食サービスの提供に際しても、栄養管理に留まらず、生活習慣を向上させる場として、また、給食委員会を通じた要望の反映や利用者メニューなどご利用者主体の場として活用します。

このページの先頭に戻る

ご利用方法

目黒区役所 障害福祉課知的障害者相談係(電話:03(5722)9851)まで、お問合せください。

このページの先頭に戻る

利用料

「障害者自立支援法附則第五十一条第二項」に基づき、利用料金の徴収を行います。また、行事やクラブ活動等、一部実費徴収を行います。

このページの先頭に戻る

重要事項説明書

重要事項説明書とは、サービスの契約上ご注意いただきたいことを契約前にご説明するものです。次のような事項についてご説明しています。

 1. 事業者の概要
 2. 指定管理者の概要
 3. 施設の概要
 4. 施設の職員体制
 5. 職員の勤務体制
 6. 施設の設備等の概要
 7. 個別支援計画
 8. 施設サービスの内容
 9. 交通費の支給
10. 作業工賃の支給
11. 事業実施に係る経費
12. 賠償責任への対応
13. 利用に関しての留意事項
14. 緊急時の対応方法
15. 非常災害時の対応
16. 相談・苦情

重要事項説明書 例(PDF)

このページの先頭に戻る

契約書

重要事項の説明後、利用契約にあたり次の内容について契約書を取り交わします。

 1. 契約の目的
 2. 契約期間
 3. 個別支援計画
 4. サービスの内容
 5. サービス提供の記録
 6. 料金
 7. 作業活動の提供及び就労に向けての支援と工賃の支払い
 8. 相談・苦情対応
 9. 契約の終了
10. 個人情報保護
11. 賠償責任
12. 緊急時の対処
13. 身体拘束の禁止
14. 虐待防止のための措置
15. 本契約に定めのない事項
16. 裁判管轄

契約書 例(PDF)

>> かみよん工房ホームページ

   
   このページの先頭に戻る