TOP > 事業の種類一覧 > 母子生活支援施設

母子生活支援施設

母子生活支援施設とは?

みどりハイム運営概要
対象者 - 施設の運営方針 - 生活支援における基本方針 - サービスの内容
ご利用方法 - 利用料


母子生活支援施設とは?

母子生活支援施設は、1947(昭和22年)年に制定された児童福祉法に定められる施設です。
 <児童福祉法第38条>
母子生活支援施設は、配偶者のない女子又はこれに準ずる事情にある女子及びその者の監護すべき児童を入所させて、これらの者を保護するとともに、これらの者の自立の促進のためにその生活を支援し、あわせて退所した者のついて相談その他の援助を行うことを目的とする施設とする。

18歳未満のお子さんを養育している母子家庭、または何らかの事情で離婚の届け出ができないなど、母子家庭に準じる家庭の女性が、子どもと一緒に利用できる施設です。
さまざまな事情で入所されたお母さんと子どもに対して、心身と生活を安定するための相談・援助を進めながら、自立を支援しています。

事業団ではみどりハイムを運営しています。

このページの先頭に戻る

みどりハイム運営概要

対象者

目黒区内にお住まいの
 ・18歳未満のお子さんを養育している母子家庭
 ・やむを得ない事情で離婚の届け出ができないなど、母子家庭に準ずる事情にある方

このページの先頭に戻る

施設の運営方針

(1)人権に配慮し、本人意思を尊重した支援を行います。
(2)母子生活支援施設の機能と役割を踏まえた支援をを利用者と十分協議しながらすすめます。
(3)十分な信頼関係を築くため、話しやすい環境、雰囲気作りを行います。

このページの先頭に戻る

生活支援における基本方針

 支援は、個別の自立支援計画に基づき行います。自立支援計画は、利用者と職員の面談により、利用者の状況及び意向を確認しながら自立した社会生活を送れるように作成します。
 さらに、必要に応じて面談を行い、支援内容の再確認なども行います。
 また、退所後も、社会の中で自分の意志と責任のもと生活できるよう支援していきます。

このページの先頭に戻る

サービスの内容

(1)相談支援

子育て、健康、就労、そのほか生活全般における様々な相談を受け、必要に応じて支援を行います。

(2)子育て支援

@ 補助保育
母親の就労、通院、心身の疲労時などに時間を区切って補助保育を行います。
補助保育や行事参加を通して日常から学びと育ちの環境を提供します。
A 保育ルーム
乳幼児の交流と家事援助を目的として、週に1回程度、夕食準備時間に乳幼児を対象とした保育ルームを開設します。

(3)児童への支援(小学生以上)

@ 「自立支援計画」に沿った支援を実施します。
A 時間を区切って学習室(プレイルーム)を開放し、職員が見守る中、宿題や自由遊びなどを行う場とし、心身のすこやかな成長を目指します。
B 下校後の学習室での宿題、長期休暇時の学習支援とともに、学習習慣の獲得、学習の場の提供を目的に週1回「学習支援」を行います。
C 児童による「子ども会議」を毎月開催し、施設内での生活などについてみんなで考える機会をつくります。
D  男子児童の育成支援のため、男性職員と男児が、近隣の銭湯で一緒に入浴する機会を
つくります。(月1回)
E 施設内、通学時など児童間への関わりをとおして、問題解決能力の育成に努めます。 
F 関係機関と連携し、児童への適切な支援を実施します。

(4)生活への支援 

緊急時の家庭用品の貸し出し、居室片付けの手伝いや食事作りのアドバイス、不在時の荷物預かりや代引き受け取り、買い物の代行、諸手続き支援、保育園・学校への送迎代行など、個々の状況に応じて行います。
また、必要に応じて関係機関及び医療機関と連携、連絡調整を行い支援に繋げます。

(5)健康とこころへの支援

@ 月1回、希望者には嘱託医による健康相談を実施します。
健康診断を実施します。
B 心理療法担当職員による心理療法などを実施します。母親・児童とも利用でき、面接は安心して相談できるよう専用の部屋で行います。

(6)就労支援

就職情報誌・求人広告の提供、ハローワークへの同行、パソコンの貸し出し(履歴書等作成)、模擬面接、就労のための補助保育などを通じて就労の一助となるよう相談援助を行います。


(7)退所後のアフターケア

自立をして退所した利用者についても、相談、訪問など必要な支援を継続するとともに施設行事への参加を呼びかけます。なお、児童については、学習室利用、学習支援なども行います。


(8)みどりハイム便り

毎月1回発行し、月間予定や前月の行事などの報告、その他連絡事項の広報に努めます。


(9)利用者懇談会

年2回以上開催し、利用者と職員はもとより、利用者同士の交流の機会とします。利用者、職員ともに自由に意見が言えるような雰囲気づくりに努めます。

(10)合同研修会

利用者と職員が合同で研修会を開催し、子育てなどのテーマについて一緒に考える機会とします。

(11)地域への貢献

地域の要請に応じた柔軟なサービスとして、ひとり親家庭の児童の学習支援等を継続していきます。


このページの先頭に戻る

お申込み方法

目黒区役所の子ども家庭課 子ども家庭係へご相談ください。
目黒区役所(代表):03-3715-1111

このページの先頭に戻る

利用料

住民税や所得税の税額に応じて費用が決められています。

>>みどりハイムホームページ

   
このページの先頭に戻る