TOP > 事業の種類一覧 > 特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームについて

特別養護老人ホームとは?
事業運営方針 - 対象者 - サービスの内容 - ご利用方法
契約書 - 実施施設

短期入所生活介護について

短期入所生活介護とは?
事業運営方針 - 対象者 - サービスの内容 - ご利用方法 - 契約書


特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)について

特別養護老人ホームとは?

特別養護老人ホームは介護老人福祉施設とも言い、おおむね65歳以上で、ねたきり・認知症などで常に介護を必要とするかたのための施設です。

また、当法人が運営する特別養護老人ホームでは、短期入所生活介護(ショートステイ)も実施しております。短期入所生活介護について、詳しくはこちらです。

このページの先頭に戻る


事業運営方針

事業団の事業運営方針に則り、お一人おひとりのニーズに即して、安全で快適なサービスの提供に努めます。

このページの先頭に戻る

対象者

介護保険の認定で、原則、要介護3以上と認定された方が対象です。
なお、要介護1、2の方であっても、やむを得ない事情により、特別養護老人ホーム以外での生活が困難な方については、特例的に入所することができます。詳しくは目黒区高齢福祉課へお問い合わせ下さい。

このページの先頭に戻る

サービスの内容

介護老人福祉施設のサービスの内容は以下のとおりです。

(1)施設サービス計画

施設サービス計画(ケアプラン)は、施設を利用されるにあたって、お一人おひとりの心身の状態にあわせた介護の課題分析、目標、内容、達成時期、サービスを提供する際に気をつけること等を考慮して以下のとおり作成します。

@ 施設サービス計画の原案は、介護支援専門員がご利用者及びそのご家族に面接して作成します。
A 介護支援専門員はサービス担当者会議を召集して、原案について担当者から意見を求めるものとします。
B 原案の内容につきましてはご利用者及びそのご家族に説明し、文書によりご利用者の同意を得た後、遅滞なく施設サービス計画をご利用者に交付します。
C 施設サービス計画の実施状況の把握は、定期的な面接及びその記録により行います。
D 施設サービス計画の変更の際は、ご利用者の希望による軽微な変更以外は上記@〜Cの一連の業務を行います。

(2)介護

施設サービス計画に沿って入浴、排泄、食事、移動等必要な介助を行います。自立支援、残存能力の維持回復の観点から、身の回りのことでできることは、できるだけご自身に行っていただきます。

@ 寝たきり防止のため、できるだけ起きて体を動かして活動していただき、規則正しい生活リズムを整えます。
A 必要に応じて、水分の補給を行います。
B 床ずれをつくらないために体位変換を必要に応じて行います。
C 必要な場合は着替えや、身だしなみもお手伝いいたします。
D 通常の洗濯は施設で行います(ショートステイご利用者は別途対応となります)。クリーニング等希望により外注される場合は実費負担となります。
E シーツ交換は原則として週1回です。ただし、必要な場合はその都度交換します。

(3)食事

@ 食事は生活のリズムを配慮し概ね下記の時間を食事時間とします。
朝食 午前7時45分〜8時45分 昼食 正午〜午後1時 夕食 午後6時〜7時
A 食事は施設の管理栄養士が作成したメニューに基づき普通食のほか、主食では粥、重湯、ミキサー食など、副食では刻み食、極刻み食、ミキサー食などご利用者お一人おひとりの身体状態等に合わせ、適時・適温で提供します。
B 療養食の提供 ご利用者の医療にかかわる厚生労働大臣が定める療養食(糖尿食・肝臓食など15種類)は医師の発行する食事せんに基づき、提供します。
C アレルギーその他食べられないものがある場合は、他のものに代えて提供します。
D ご利用者の個人注文には応じられません。なお、好みのものを外注する場合は全額自己負担となります。

(4)栄養ケアマネジメント

管理栄養士が中心となり、ご利用者ごとの栄養管理を行います。

@ 管理栄養士が、医師をはじめ他の専門職と共同して、ご利用者ごとの栄養状態を把握し、個々人の摂食・嚥下機能にあわせた食形態に配慮して栄養ケア計画を作成し、ご利用者ご本人又はご家族に説明し、ご了解いただきます。
A 栄養ケア計画に従い栄養管理を行い、栄養状態の指標となるご利用者の体重や摂食量を記録し、定期的に栄養状態の確認を行います。栄養ケア計画の進捗状況を定期的に評価し、必要に応じて見直します。
B 経管により食事をされているご利用者については、医師の指示に基づく栄養管理を行い、ご利用者の嚥下機能に応じて、経口摂取ができるような取り組みを行います。

(5)入浴

入浴は、プライバシーの保護に十分配慮し、ご利用者の障害や健康状態に応じて週2回以上、機械浴、リフト浴、一般浴により行います。入浴できない方には清拭(せいしき)を行います。

(6)排泄

排泄介助は、プライバシーに十分配慮し(声かけを含む)、自立に必要な援助を行い、また、おむつを使用せざるを得ない場合は、排尿・排便の間隔、量等を勘案し、お一人おひとりにあったおむつの形態、介助方法により適時に行います。

(7)機能訓練

施設では、理学療法士又は作業療法士が中心となって、ご利用者の心身の状態等に応じて、日常生活を営むのに必要な機能を維持、改善、あるいは低下を防止するための機能訓練を行います。また、必要に応じてご利用者の自助具、装具、車椅子や生活環境等の整備も行います。

(8)生活相談

施設ではご利用者の心身の状況、その置かれている環境等の適確な把握に努め、ご利用者又はご家族に対し介護に関する相談をはじめ日常生活に関する相談に応じ、必要な場合は援助を行います。

(9)健康管理

@ 施設では、嘱託内科医師、嘱託精神科医師及び施設の看護師が、日常の心身の健康管理保持を行い、必要に応じて適切な手当、援助を行います。なお、嘱託医師とご利用者及びご家族との相談は適時応じます。
A 年1回、胸部X線・血液検査・尿検査等を含む定期健康診断を行います。
B インフルエンザの予防接種を勧奨しています。経費は一部自己負担となります。
C 施設内での感染症予防及び発生した場合の対策として、感染症対策マニュアルを策定しています。また、感染症対策会議を開催し、情報収集、感染の拡大防止に努めます。
D 目黒区社会福祉事業団は、下記の病院に協力をお願いし、ご利用者の緊急対応の便宜を図っています。

ア 東京共済病院 03―3712―3151
イ 目黒病院 03―3711―5641
ウ 三宿病院 03―3711―5771
エ 日扇会第一病院 03―3718―7281
オ 本田病院 03―3718―9731
カ 碑文谷病院 03―3723―1515
キ 厚生中央病院 03−3717−2141
※ ショートステイご利用者は別途の対応になります。

(10)理美容サービス

日常生活を送るうえで、理美容も大切な生活の要素なので便宜をはかりますが、理美容代は、全額自己負担となります。

(11)行政手続等の代行

税金、医療費、社会保険料、年金、介護保険料及び施設サービス利用料、要介護認定手続き等の行政手続き、受領及び支払いをご本人又はご家族が行うことが困難な場合は、申し出により、手続きを代行します。ただし、手続きにかかる経費は必要に応じてその都度自己負担となります。

(12)立替支払

日常生活を営むにあたって、個人的な日用品や嗜好品、趣味活動費等は、原則として、自己負担となります。(一般的な行事関係経費、クラブ活動経費は当面施設経費となり、ご利用者の負担はありません) 日用品等の購入をご本人又はご家族が行うことが困難な場合は、申し出により購入を代行します。ご家族持参又は個人負担の例は下記のとおりです。

@理美容
A歯ブラシ、歯磨粉、化粧品
B衣類
C洗顔用タオル
D酒、たばこ
E個人の趣味、しこう品
F個人の新聞、雑誌
Gティッシュペーパー等消耗品

(13)預貯金等の保管及び管理

@ 預貯金等の保管をご本人又はご家族が行うことが困難な場合は、申し出により、必要な範囲において預かります。その際、預かり証を出します。ご本人が死亡された場合は、あらかじめ指定された方に引き渡します。指定のない場合は、法令の定めるところによります。
A 預貯金等を預かる場合は、「預貯金等管理契約書」により管理契約を結んでいただきます。原則は、管理経費がかかりますが、現時点では無料です。

(14)レクリエーション等

施設では、集団レクリエーション活動や認知症の方に向いた専門的な訓練方法を採り入れたレクリエーション活動も行い、お一人おひとりの残る能力の活用を図り、興味や関心を引き出したいと考えています。また、クラブ活動(共通の興味・関心に基づき集まった自発的な活動)も行っています。

このページの先頭に戻る

お申し込み方法

目黒区高齢福祉課施設事業係へお申し込みください。

このページの先頭に戻る

利用料 (平成27年8月1日現在)

利用料金表の自己負担額等はあくまで概算ですので、利用料金請求書の額と一致するものではありま
せん。

1 基本利用料(多床室・従来型個室利用)
介護度区分 利用料金 自己負担額
(日額)
 自己負担額
(月額[30日] )
 1割負担  2割負担  1割負担  2割負担
要介護1 5,962円 597円  1,194円  17,910円  35,820円
要介護2 6,692円 670円  1,340円  20,100円  40,200円
要介護3 7,433円 744円  1,488円  22,320円  44,640円
要介護4 8,164円 817円  1,634円  24,510円  49,020円
要介護5 8,872円 888円  1,776円  26,640円  53,280円

 2 加算利用料
  (1)基本加算:利用者全員に自己負担があります。
加算内容 利用料
(日額)

自己負担額
(日額)

 自己負担額
(月額[30日])
 1割負担  2割負担  1割負担  2割負担
精神科医療養指導加算 54円 6円  12円  180円  360円
日常生活継続支援加算 392円 40円  80円  1,200円  2,400円
看護体制加算(T) 43円 5円  10円  150円  300円
看護体制加算(U) 87円 9円  18円  270円  540円
夜間職員配置加算 141円 15円  30円  450円  900円
個別機能訓練加算 130円 13円  26円  390円  780円
栄養マネジメント加算 152円 16円  32円  480円  960円
口腔機能衛生管理体制加算(1ヶ月) 327円    33円  66円
認知症専門ケア加算T※ 32円 4円  8円  120円  240円
認知症専門ケア加算U※ 43円 5円  10円  150円  300円
 1月の自己負担合計額        3,153円  6,306円
※認知症専門加算は現在のところ体制が整っていないので算定していません。
(2)該当者加算
    該当者加算は入院等の該当理由が生じた場合に加算されます。
加算内容 利用料
(日額)
 自己負担額(日額)
 1割負担  2割負担
 入院外泊時加算 2,681円 269円  538円
入所時初期加算 327円 33円  66円
退所前訪問相談援助加算 5,014円 502円  1,004円
退所後訪問相談援助加算 5,014円 502円  1,004円
退所時相談援助加算 4,360円 436円  872円
退所前連携加算 5,450円 545円  1,090円
 在宅復帰支援機能加算  109円  11円  22円
 経口移行加算  305円  31円  62円
 経口維持加算T(1ヶ月)  4,360円  436円  872円
 経口維持加算U(1ヶ月)  1,090円  109円  218円
 口腔衛生管理加算(1ヶ月)  1,199円  120円  240円
 療養食加算  196円  20円  40円
 看取り介護加算(1)
(死亡日前4日以上30日以下)
 1,569円  157円  314円
 看取り介護加算(2)
(死亡日前日及び前々日)
 7,412円  742円  1,484円
 看取り介護加算(3)
(死亡日)
 13,952円  1,396円  2,792円
 在宅・入所相互利用加算  436円  44円  88円

(3)介護職員処遇改善加算
 全員に自己負担があります。
介護度区分 利用料
(日額)

自己負担額
(日額)

 自己負担額
(月額[30日])
 1割負担  2割負担  1割負担  2割負担
要介護1 403円 41円  82円  1,230円  2,460円
要介護2 446円 45円  90円  1,350円  2,700円
要介護3 490円 49円  98円 1,470円  2,940円
要介護4 534円 54円  108円 1,620円  3,240円
要介護5 577円 58円  116円 1,740円  3,480円
(3)食費

1日あたり1,380円(食材費及び調理費相当額)
ただし、介護保険負担限度額認定を受けている場合、負担額は下表※のとおりです。

(4)居住費

@多床室(相部屋):1日あたり840円
A従来型個室   :1日あたり1,150円
ただし、介護保険負担限度額認定を受けている場合、負担額は下表※のとおりです。
また、入院、外泊の場合でも入院外泊加算徴収期間は負担していただきます。

(5)負担軽減制度
  所得の状況に応じて下表のとおり段階区分ごとの負担軽減制度があります。(ただし、負担軽減を受けるには、介護保険負担限度額認定を受ける必要があります。)入院、外泊の場合でも入院外泊加算徴収期間は負担していただきます。
  
※介護保険負担限度額認定の段階区分ごと食費、居住費負担額表
段  階  区  分 1日当たり居住費 1日当たり食費
所 得 区 分 ご利用者負担段階 従来型個室* 多床室(相部屋)  
市 町 村 民 税 世帯非課税者 合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円超 第3段階 820円 370円 650円
合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下 第2段階 420円 370円 390円
老齢福祉年金受給者 第1段階 320円 0円 300円
生 活 保 護 受 給 者 等
 ※認定要件
 @住民税非課税世帯であること
 A世帯分離をしている配偶者がいる場合(夫婦の内、1人が施設に入所している等の理由で住民票を別にしているなど)、その方も住民税非課税者であること
 B預貯金などの額が、単身の場合1,000万円以下、夫婦の場合2,000万円以下であること

(6)ご利用者負担額の概算

  (1)から(4)に基づき、1ヶ月(30日間)の利用者負担額の概算額は、以下のようになります。
  @多床室利用の場合
段階区分 介護度
1 2 3 4 5
第4段階(減額なし)   1割 88,893円 91,203円 93,543円 95,883円 98,133円
 2割 111,186円 115,806円 120,486円 125,166円 129,666円
第3段階 52,893円 55,203円 57,543円 59,883円 62,133円
第2段階 45,093円 47,403円 49,743円 52,083円 54,333円
第1段階 31,293円 33,603円 35,943円 38,283円 40,533円

A従来型個室利用の場合
段階区分 介護度
1 2 3 4 5
第4段階(減額なし)  1割 98,193円 100,503円 102,843円 105,183円 107,433円
 2割 120,486円 125,106円 129,786円 134,466円 138,966円
第3段階 66,393円 68,703円 71,043円 73,383円 75,633円
第2段階 46,593円 48,903円 51,243円 53,583円 55,833円
第1段階 40,893円 43,203円 45,543円 47,883円 50,133円

このページの先頭に戻る

重要事項説明書

重要事項説明書とは、サービスの契約上ご注意いただきたいことを契約前にご説明するものです。次のような事項についてご説明しています。

1. 相談窓口
2. 施設の概要
3. サービスの内容
4. 利用料
5. 退所の手続き
6. サービスの特徴
7. 安全管理体制
8. 身体拘束防止の取り組み
9. 虐待の防止
10. 緊急時の対応
11. 非常災害対策
12. 個人情報保護の取り組み
13. 相談・苦情
14. 法人の概要

重要事項説明書 例(PDF)
*特別養護老人ホーム東が丘のものです

このページの先頭に戻る

契約書

重要事項の説明後、利用契約にあたり次の内容について契約書を取り交わします。

1. 目的
2. 契約期間
3. 施設サービス計画
4. 施設サービス内容
5. 要介護認定の申請
6. サービス提供の記録
7. 料金
8. 契約の終了
9. 退所時の援助
10. 環境衛生保持
11. 感染症の対策
12. 介護事故発生時の対応及び防止
13. 緊急時の対応
14. 身体拘束防止の取り組み
15. 虐待防止
16. 個人情報保護
17. 相談・苦情
18. 賠償責任
19. 裁判管轄
20. 定めのない事項
 

契約書 例(PDF)
*特別養護老人ホーム東が丘のものです(PDF)

このページの先頭に戻る

実施施設

以下の介護老人福祉施設を運営しています。
(施設名をクリックすると、各施設のホームページへジャンプします。)

特別養護老人ホーム中目黒
特別養護老人ホーム東が丘
特別養護老人ホーム東山

このページの先頭に戻る

(介護予防)短期入所生活介護について

短期入所生活介護とは?

ショートステイとも言い、特別養護老人ホームに短期間入所して、生活上の介護などが受けられるものです。

事業運営方針

事業団の運営方針に則り、お一人おひとりのニーズに即して、安全で快適なサービスの提供に努めます。

このページの先頭に戻る

サービスの内容

短期入所生活介護のサービス内容は、介護老人福祉施設のサービスの内容に準じています。

介護老人福祉施設のサービス内容はこちら

このページの先頭に戻る

ご利用方法

ご希望の日程や施設を担当のケアマネジャーにご相談ください。受付期間は施設によって異なります。なお、受付は利用開始日の2ヶ月前の2日間です。ケアマネジャーからの申し込みを受け付け、締め切り後抽選を行います。

このページの先頭に戻る

利用料 (平成27年8月1日現在)

料金表の自己負担額等は、概算ですので利用料請求書の額と一致するものではありません。

(1)基本利用料
@多床室(2・4人部屋)利用の場合 1日あたりの総額(概算)

要支援      要介護
1 2 1 2 3 4 5
自己負担額(日額)  1割  487円 599円 665円 740円 815円 890円 962円
 2割  974円 1,198円 1,330円 1,480円 1,630円 1,780円 1,924円

A従来型個室利用の場合  1日あたりの総額(概算)
段階区分 要支援      要介護
1 2 1 2 3 4 5
自己負担額(日額)   1割  481円  598円 643円 717円 793円 867円 939円
 2割  962円 1,196円 1,286円 1,434円 1,586円 1,734円 1,878円

(2)加算利用料
  加算内容

1日あたりの
自己負担額

基本加算

機能訓練体制加算 (1日につき)

1割 14円
2割 28円
看護体制加算(T)(1日につき)◎ 1割 5円
2割 10円
看護体制加算(U)(1日につき)◎ 1割 9円
2割 18円
夜勤職員配置加算(1日につき)◎ 1割 15円
2割 30円
サービス提供体制強化加算(Tイ)(1日につき) 1割 20円
2割 40円
該当者加算   送迎加算(片道1回につき) 1割 205円
2割 410円
個別機能訓練加算(1日につき) 1割 63円
2割 126円
 療養食加算(1日につき) 1割 26円
2割 52円
在宅中重度者受入加算
(看護体制加算あり)◎
1割 459円
2割 918円
認知症行動心理症状緊急対応加算(1日につき) 1割 222円
2割 444円
若年性認知症利用者受入加算(1日につき) 1割 134円
2割 268円
 緊急短期入所受入加算(1日につき)◎ 1割 100円
2割 200円
 医療連携強化加算(1日につき)◎ 1割 65円
2割 130円
※送迎加算は、利用者のご希望によりホームが送迎を行った場合にのみ加算されます。送迎をご希望の
場合でも、車両の運行状況によりご希望に添えない場合がありますのでご了承ください。
※◎印が付いている加算項目は要介護1〜5のみが対象となります。
(3)介護職員処遇改善加算
処遇改善
加算
介護度区分 多床室多床室 従来型個室個室
要支援1  1割 30円 30円
 2割 60円 60円
要支援2  1割 37円 37円
 2割 74円 74円
要介護1  1割 43円 41円
 2割 86円 82円
要介護2  1割 47円 46円
 2割 94円 92円
要介護3  1割 51円 50円
 2割 102円 100円
要介護4  1割 56円 55円
 2割 112円 110円
要介護5  1割 60円 59円
 2割 120円 118円
※ 処遇改善加算は基本利用料と基本加算の合計単位数の1,000分の59に相当する
  単位数から算定しています。(該当者加算がある場合に加算されます)
(4)食費

食 事 朝食 昼食 夕食 合計
金 額 330円 600円 450円 1,380円
 ただし、介護保険負担限度額認定を受けている場合、負担額は下表※のとおりです。

(5)滞在費

@多 床 室 :1日あたり  840円
A従来型個室:1日あたり 1,150円
ただし、介護保険負担限度額認定を受けている場合、負担額は下表※のとおりです。

(6)負担軽減制度
 所得の状況に応じて下表のとおり段階区分ごとの負担軽減制度があります。
 (ただし、負担軽減を受けるには、介護保険負担限度額認定を受ける必要があります。)
※介護保険負担限度額認定の段階区分ごと食費、滞在費負担額表
段  階  区  分 1日当たり滞在費 1日当たり食費
所 得 区 分 ご利用者負担段階 従来型
個室*
多床室
(相部屋)
 
市 町 村 民 税 世帯非課税者 合計所得金額と課税年金
収入額の合計が80万円超
第3段階 820円 370円 650円
合計所得金額と課税年金
収入額の合計が80万円以下
第2段階 420円 370円 390円
老齢福祉年金受給者 第1段階 320円 0 300円
生 活 保 護 受 給 者 等
※認定要件
@住民税非課税世帯であること
A世帯分離をしている配偶者がいる場合(夫婦の内、1人が施設に入所している等の理由で住民票を別にしているなど)、その方も住民税非課税者であること
B預貯金等の額が、単身の場合1,000万円以下、夫婦の場合2,000万円以下であること

(7)日用品等の費用

日常生活を営むにあたって、個人的な日用品や趣味活動費等は、原則として自己負担となります(一般的な行事関係経費、クラブ活動経費は当面施設経費となり、ご利用者のご負担はありません。)個人負担の例は下記のとおりです。

@理美容
A歯ブラシ、歯磨粉、化粧品
B衣類
C洗顔用タオル
D酒、タバコ
E個人の趣味・しこう品
F個人購入の新聞、雑誌
Gティッシュペーパー等消耗品

(8)キャンセル料

利用開始前にご利用者側の都合でサービスを中止した場合は、次のキャンセル料がかかります。

@利用開始日の前日の午後5時までにご連絡いただいた場合・・・ 無料
A利用開始日の前日の午後5時までにご連絡がなかった場合・・・ 入所初日の食事代

このページの先頭に戻る

重要事項説明書

重要事項説明書とは、サービスの契約上ご注意いただきたいことを契約前にご説明するものです。次のような事項についてご説明しています。

1. 相談窓口
2. 利用期間
3. 施設概要
4. サービスの内容
5. 利用料
6. 利用方法
7. サービスの特徴
8. 安全管理体制
9. 身体拘束防止の取り組み
10. 虐待の防止
11. 緊急時の対応方法
12. 非常災害対策
13. 個人情報保護の取り組み
14. 相談・苦情
15. 法人の概要

重要事項説明書 例(PDF)
*特別養護老人ホーム東が丘のものです

このページの先頭に戻る

契約書

重要事項の説明後、利用契約にあたり次の内容について契約書を取り交わします。

1. 目的
2. 契約期間
3. 生活介護計画
4. 提供場所及び内容
5. 提供の記録
6. 料金
7. 利用開始前のサービスの中止
8. 利用期間中の中止
9. 契約の終了
10. 関係機関との連携
11. 環境衛生保持
12. 感染症の対策
13. 介護事故発生時の対応および防止
14. 緊急時の対応
15. 身体拘束防止の取り組み
16. 虐待の防止
17. 個人情報の保護
18. 相談・苦情
19. 賠償責任
20. 裁判管轄
21. 定めのない事項

契約書 例(PDF)
*特別養護老人ホーム東が丘のものです(PDF)

このページの先頭に戻る

実施施設

以下の施設で実施しています。 (施設名をクリックすると、各施設のホームページへジャンプします。)

特別養護老人ホーム中目黒
特別養護老人ホーム東が丘
特別養護老人ホーム東山

   
このページの先頭に戻る