TOP > 事業団について

事業団について

設立の趣旨 - 定款 - 経営理念 - 経営方針 - 経営目標 - 事業団の概要 - 事業団の歩み(沿革) - 組織図 - 事務局業務 - 運営施設一覧 - 経営計画 - 現況報告書 - 事業報告 - 決算報告


設立の趣旨

目黒区社会福祉事業団は、目黒区が設置する社会福祉施設の合理的、効率的、かつ柔軟な運営を確保し、もって目黒区民の福祉増進を図ることを目的とし、平成元年に設立されました。

このページの先頭に戻る

経営理念

目黒区社会福祉事業団の社会福祉法人としての存在意義、使命、事業団職員の行動規範となる原理・原則として、経営理念を次のとおり定めています。

目黒区社会福祉事業団は、個人の尊厳を大切にし、利用者が住み慣れた地域で安心して快適 な生活が営めるよう、地域で最も信頼され、喜ばれるサービスの提供を、効率的で柔軟かつ健全な経営 をもって行うことにより、目黒区における地域福祉の向上に寄与します。

このページの先頭に戻る

経営方針

経営理念を実現するための事業団職員の行動指針として、経営方針を次のとおり定めています。

経営理念 経営方針
個人の尊厳を大切にします 人権を尊重し、プライバシーの保護に万全を期するとともに、事業運営のあらゆる場面においてノーマライゼーションの理念の徹底を図ります。
信頼され、喜ばれるサービスを提供します 利用者の安全確保に常に留意し、事故防止に努めるとともに、緊急事態にも適切な対応を図るよう努めます。
公平なサービスに心掛けるとともに、個々の利用者の立場や諸条件を可能な限り配慮し、サービスの受け手が満足感を味わえるサービスの提供に努めます。
施設の運営は、職員の真摯な事業執行と地域の人々や多くの関係者の協力により成り立っていることを踏まえ、地域に貢献し、必要とされる施設を目指します。
効率的で柔軟な経営を行ないます 各事業間及び各職種間の連携を密にし、持てる経営資源を有効に活用するよう努めます。
利用者へのサービスを確実かつ効果的に行なうため、経営基盤の強化を図るとともに、事業運営の透明性の確保に努めます。

このページの先頭に戻る

経営目標/平成25年度〜平成34年度

経営理念を実現するための事業団組織の目指す姿・目標として、経営目標(平成25年度〜平成34年度)を次のとおり定めています。

経営理念 経営目標
個人の尊厳を大切にします ・一人一人の立場や個性を大切にします。
・プライバシーの保護を徹底します。
・人権尊重の理念に基づいたサービスを提供します。
信頼され、喜ばれるサービスを提供します ・利用者と家族に満足していただける安全・安心なサービスを提  供します。
・職員の職種・職層ごとに必要な知識や技術の水準を高めます。
・地域に貢献し、地域に必要とされ、支えられる施設を目指します。
・区立施設の役割を果たすとともに、社会の要請に応じた柔軟なサービスを提供します。
効率的で柔軟な経営を行ないます ・質の高いサービスを効率よく提供し、柔軟で安定した経営を目指します。
・職層ごとに必要な経営感覚及びマネジメント能力の向上を図ります。
・事業拡大や自らの施設の保有を通じて、自立した法人経営を目指します。
・職員の法令遵守や業務改善意識を高めます。

事業団の概要

基本財産 500万円
経営本部 目黒区上目黒2−19−15  目黒区総合庁舎別館7階
電話番号 03−5721−9661
FAX番号 03−3713−2032
役員等(定員) 理事10人  監事2人  評議員7人から11人以内

このページの先頭に戻る

事業団の歩み(沿革)

当事業団は、目黒区の福祉施策の一翼を担うべく、平成2年4月1日の事業開始以来、次のような施設・事業を運営してきています。


年月日 事業開始等施設 職員総数 年度決算額
平成元年
10月2日
事業団設立 常勤1人
派遣3人
計4人
約2千万円
平成2年
4月1日
特別養護老人ホーム中目黒
中目黒高齢者在宅サービスセンター
中央町高齢者在宅サービスセンター
高齢者福祉住宅(コーポ中央町)
東根荘(母子寮)を受託
常勤41人
非常勤6人
派遣14人
計61人
約4億3千万円
平成5年
4月1日
田道高齢者在宅サービスセンター
高齢者センター機能訓練室(老人福祉センター)を受託
常勤71人
非常勤11人
派遣14人
計96人
約7億4千万円
平成6年
7月1日
福祉工房かみよん工房(通所授産施設)を受託 常勤83人
非常勤14人
派遣17人
計114人
約8億7千万円
平成7年
4月1日
特別養護老人ホーム東が丘
東が丘高齢者在宅サービスセンター
東が丘在宅介護支援センター
東が丘在宅介護支援センターホームヘルプ事業を受託
常勤164人
非常勤29人
派遣20人
計213人
約16億9千万円
平成8年
8月1日
かみよん工房が精神薄弱者福祉法(当時)に基づく施設となる 常勤170人
非常勤29人
派遣18人
計217人
約17億8千万円
平成9年
5月1日
大橋えのき園(精神薄弱者更生施設(通所))を受託 常勤177人
非常勤32人
派遣21人
計230人
約19億3千万円
平成10年
4月1日
東根荘が母子寮から母子生活支援施設に改称される 常勤177人
非常勤34人
派遣22人
計233人
約19億6千万円
平成11年
4月1日
かみよん工房が知的障害者授産施設(通所)、大橋えのき園が知的障害者更生施設(通所)となる 常勤180人
非常勤33人
派遣20人
計233人
約20億7千円
平成12年
3月31日
東が丘在宅介護支援センターホームヘルプ事業が廃止される 常勤210人
非常勤63人
派遣16人
計289人
約26億3千万円
平成12年
4月1日
介護保険法が施行され、事業団が受託している各施設も介護保険法に基づく指定介護老人福祉施設、指定短期入所生活介護事業、指定通所介護事業、指定居宅介護支援事業の事業者として指定を受ける
特別養護老人ホーム東山
東山高齢者在宅サービスセンター
東山在宅介護支援センター
を受託
平成13年
4月1日
心身障害者センター(身体障害者福祉センター(B型))を受託 常勤234人
非常勤72人
派遣13人
計319人
約28億8千万円
平成14年
4月1日
高齢者センター機能訓練室で介護保険法に基づく指定通所リハビリテーション事業を開始 常勤231人
非常勤74人
派遣12人
計317人
約29億円
平成
14年
9月1日
中央町高齢者在宅サービスセンターが廃止
高齢者福祉住宅(コーポ中央町)の管理業務運営契約終了
平成17年
4月1日
みどりハイム開設(移転に伴い、東根荘から名称変更) 常勤196人
契約100人
派遣8人
計304人
約27億2千万円
平成18年
4月1日
指定介護予防通所介護事業、指定介護予防通所リハビリテーション事業及び指定介護予防短期入所生活介護事業の事業者として指定を受ける
受託施設の指定管理者(平成21年3月31日まで)となる(高齢者センター機能訓練室及び心身障害者センターは平成19年3月31日まで)
東部包括支援センター
西部包括支援センター
を事業受託
常勤202人
契約109人
派遣3人
計314人
約25億8千万円
平成18年
12月1日
中央包括支援センターを事業受託
平成19年
4月1日
高齢者センター機能訓練室及び心身障害者センターの指定管理者として継続指定される(平成21年3月31日まで)
障害者自立支援法に基づく事業へ移行する
かみよん工房(就労継続支援B型)
大橋えのき園(生活介護)
心身障害者センター(生活介護・短期入所・地域活動支援センター)
常勤198人
契約120人
派遣3人
計321人
約24億8千万円
平成19年
7月1日
高齢者センター機能訓練室で介護保険法に基づく指定通所介護事業及び指定介護予防通所介護事業を開始
平成21年
3月31日
高齢者センター機能訓練室の指定管理終了 常勤202人
契約115人
計317人
約25億5千万円
平成21年
4月1日
受託施設の指定管理者として、10年間(平成31年3月31日まで)の継続指定を受ける 常勤242人
契約89人
計331人
約26億円
平成25年
3月31日
中目黒高齢者在宅サービスセンターの指定管理終了 常勤257人
契約87人
計344人
約27億円
平成25年
4月1日
心身障害者センター特定相談支援事業開始 常勤258人
契約83人
計341人
約27億3千万円
平成26年
3月31日
田道高齢者在宅サービスセンターの指定管理終了
平成28年
3月31日 
目黒区立東山在宅介護支援センターの事業終了 常勤260人
契約92人
計352人
約27億9千万円
平成28年
4月1日
目黒区社会福祉事業団東山ケアプランセンターを自主事業として開設 常勤262人
契約92人
計354人
 
平成29年
3月1日
 目黒区立東山在宅ケア多機能センター(小規模多機能型居宅介護・認知症対応型通所介護)を受託    
 平成29年
3月31日
 目黒区立東が丘在宅介護支援センターの事業終了   約27億9百万円
 平成29年
4月1日
 目黒区社会福祉事業団東が丘ケアプランセンターを自主事業として開設 常勤303人
契約62人
計365人

このページの先頭に戻る

組織図

平成29年度組織

このページの先頭に戻る

事務局業務

事務局  企画総務担当 理事会等の運営
文書管理
監査対応(総括)
苦情対応、事故対応 
調査・報告
関係団体との連絡調整
広報、ホームページ 等
 人事担当 人事
採用
給与事務
服務、勤怠管理
福利厚生
職層研修の実施 等
 財務担当 予算、決算
収支管理
資金運用
経理処理
契約事務
介護報酬請求処理・収納事務
監査対応(財務に関すること)

このページの先頭に戻る

運営施設一覧

施設名をクリックすると、各施設のホームページへジャンプします。

特別養護老人ホーム中目黒 目黒区立特別養護老人ホーム中目黒
住所 東京都目黒区中目黒5−7−35
電話 03(5704)3631(代)
FAX 03(5704)3635

ひがしがおかホーム  目黒区立特別養護老人ホーム東が丘 
目黒区立東が丘高齢者在宅サービスセンター
目黒区社会福祉事業団東が丘ケアプランセンター
住所 東京都目黒区東が丘1−6−4
電話 03(5481)5639(代)
FAX 03(5481)5168

ひがしやまホーム 目黒区立特別養護老人ホーム東山
目黒区立東山在宅ケア多機能センター
目黒区社会福祉事業団東山ケアプランセンター
住所 東京都目黒区東山3−24−6 
電話 03(3791)8451(代)
FAX 03(3791)8458

目黒区立かみよん工房
住所 東京都目黒区上目黒4−1−26 
電話 03(3760)3059
FAX 03(5722)3845

目黒区立大橋えのき園
住所 東京都目黒区大橋2−19−38
電話 03(3465)5192
FAX 03(3465)5193

目黒区心身障害者センターあいアイ館
住所 東京都目黒区八雲1−1−8
電話 03(5701)2221
FAX 03(5701)2425

目黒区みどりハイム

目黒区東部包括支援センター
住所 東京都目黒区上目黒2−19−15 目黒区総合庁舎2階
電話 03(5724)8030
FAX 03(3715)1076

目黒区西部包括支援センター
住所 東京都目黒区柿の木坂1−28−10 西部地区サービス事務所内
電話 03(5701)7244
FAX 03(3723)3432

目黒区中央包括支援センター
住所 東京都目黒区中央町2−9−13 食販ビル2階
電話 03(5724)8066
FAX 03(5722)9803

このページの先頭に戻る

経営計画

目黒区社会福祉事業団では、経営計画策定後の環境変化等を踏まえ、新たな経営計画として「第二次経営計画」(平成25年〜平成34年)を策定いたしました。

第二次経営計画


このページの先頭に戻る

現況報告書

現況報告書 平成29年4月1日現在(PDF)


このページの先頭に戻る

事業報告

28年度事業報告(PDF)


このページの先頭に戻る

決算報告

28年度決算報告(PDF)

27年度決算報告(PDF)

   
このページの先頭に戻る